ITが身近になったことによって、あなたの生活はどのように変化してきたでしょうか?買い物を一つとってもインターネットで購買できることから過ごし方も変わってきたのではないでしょうか?そしてスマートフォンという電話の姿をしたパソコンを持ち歩けるようになったことで、これから我々の生活と行動範囲、ワークスタイル、そしてライフスタイルはどう変化しうるのか?

Webを使ってテレビ会議
走る自動車
デジタルサイネージのイメージ

インスタグラムの登場から、人々の行動が変わった?

「インスタ映え」という流行語が選ばれ、よりいっそう注目を浴びるようになったインスタグラム。個人だけでなく企業もアカウントを作って積極的に利用するようになり、世界中から多くの人たちが写真を投稿しています。インスタグラムの登場で、人々は何か変わったのでしょうか。

流行語からも分かるように「インスタ映え」する写真を撮る人が、多くなったと言えます。美味しい食事やカラフルなスイーツが食べられるお店には、インスタグラムに投稿するために写真を撮りに来る人がいるようです。虹が出たときなど、珍しい現象があったとき。旅行先など、美しい景色が見られるところには大勢の人が集まるようになりました。一番の変化と言えば外出する人が以前よりも多くなり、投稿のために写真を撮る人が増加したことでしょう。特に人々の行動が活発になるのは、特定の時間帯しか見られないきれいな光景がテレビなどで紹介されたときです。「限定」の商品に弱い人がいるように、「限定」の景色や光景に引き寄せられる人もいます。

外出する機会がなくても、日常生活の何気ない1コマをきれいに撮る人もいます。接写にしたり角度を変えたりすれば、出かけなくても大丈夫。ちょっとした小道具を用意して、まるで雑誌の表紙のような写真を撮る人もいるから驚きです。
素晴らしい写真が撮れたら、多くの人に見てもらいたくなります。そのためインスタグラムのユーザーはアカウントを作ったらプロフィールを工夫したり、ハッシュタグをたくさん付けてアピールします。見に来た人は、写真が気に入ったら「いいね」を付けてくれるでしょう。インスタグラムのリポストはシェアにあたる機能として、使う人が出てくる可能性もあります。お気に入りの写真を見つけた場合はスクショで保存しなくても、保存して閲覧することもできます。

SNSを使うとき、注意したいのは個人が特定されないこと。プロフィールを詳しく書き過ぎたり、住んでいる場所が分かるような写真には気を付ける必要があります。タグ付けされたくない人もいるので、人物が写っている写真の投稿には特に注意するべきです。友人とのトラブルになってしまったり、個人を特定されてしまったら楽しめなくなってしまいます。載せた写真は削除することができますが、せっかく「いいね」が付いたものを消してしまうのは残念です。数枚の写真を削除するだけで済めば良いですが、知らない人とトラブルになって退会することにならないようにしてください。インスタグラムは退会しなくてもアカウントを変更したり、一時的に休止することもできます。たくさんのフォロワーから多くの「いいね」を付けてもらうためにも、マナーを守って楽しみましょう。