ITが身近になったことによって、あなたの生活はどのように変化してきたでしょうか?買い物を一つとってもインターネットで購買できることから過ごし方も変わってきたのではないでしょうか?そしてスマートフォンという電話の姿をしたパソコンを持ち歩けるようになったことで、これから我々の生活と行動範囲、ワークスタイル、そしてライフスタイルはどう変化しうるのか?

Webを使ってテレビ会議
走る自動車
デジタルサイネージのイメージ
目次

IT技術の発展で世の中の仕組みは大きく変わりつつあり、中でも消費者の行動に影響を与えています
インターネットショッピングをする女性特にインターネットの登場と広がりはさまざまなところに変化を与えてきて、一般にも関連するのが買い物の方法が広がったところです。
インターネットが登場する前を想像すると分かりますが、買い物といえば実店舗に行くことで、電話やはがきを使った通販も存在していましたが、商品が限られていたので日常的に利用する人はあまりいませんでした。

しかし現在、インターネットが登場したことで、買い物の仕方が大きく変わりつつもあります。
ホームページで商品をチェックしてほしいものを購入することができて、最初はアパレル業界が参入して、服や靴の販売が行われるようになりました。
ネットの通販は実店舗を用意することがなく、倉庫から直接商品を送ることができるようになり、店舗費用や光熱費、人件費などの削減が可能となり、商品の販売価格を安く設定することができます。
これはかなり魅力的で、実店舗で購入するよりもお得になり、利用者が増えるのは当然です。

さらにアパレル業界だけではなく、さまざまな企業が参入してきて、あらゆる生活用品を手に入れることができるようになりました。
本やCD、雑貨、食器、ベッドなど大型の家具から電化製品まで、求める商品を探し出すことができます。
しかも国内だけではなく、海外のホームページも見ることができるので、場所を気にせず買い物ができるのは素晴らしいことです。

そして輸送、及び冷蔵や冷凍技術の発達とともに、食品も通販で取り扱われるようになってきています。
スーパーマーケットもホームページを開設して、店で販売されている生鮮食品をネットから購入できるようになっています。
乳幼児がいる、具合が悪いといった理由で買い出しに行くことができない人に取って、とても助かるシステムです。

インターネット、そしてECサイトの登場はこれまでの買い物に対する認識を変化させて、消費者の行動に影響を与えるようになりました。
以前は買い物といえば外に出なければいけませんでしたが、ネットショッピングが可能になれば時間や場所を選ばず商品を見つけ出すことができます。
IT技術の発展は買い物だけではなくさまざまな部分に影響を与えますが、中でも買い物に関しては重要になっていて、経済の基本と言えるはずです。
それゆえメリットとデメリットをしっかりと知り、活用することが大切になります。

店舗に客が買い物に行くことがなくなる!?

生鮮食品を注文する様子IT技術の発展、特にインターネットの広がりはとても大きく、消費者に大きな影響を与えるようになりました。
インターネットショッピングは今も当たり前のように行われていて、企業としても売上に関わってくるので、ECサイトの開設が重要になってきます。
これまで本やCD、ファッションアイテムといったものだけが取扱われていましたが、今は生活用品から生鮮食品まで求めることが可能です。
自宅から気楽に買い物ができるので、とても便利になっています。

配送や保存の技術もレベルアップ

そしてIT技術はインターネットだけではなく、配送、冷蔵や冷凍といった方面にも影響を与えています。
ネットショッピングの基本は宅配で、生ものに関しては注文後、新鮮なまま手元に届かなければ意味がありません。
そういった意味でIT技術の発展は生活全般に役立っていると言えて、豊かさと選択の自由を与えてくれるようになりました。

モバイルでより便利に

スマートフォンとタブレットさらにインターネットは登場した当時はパソコンからのアクセスしかできませんでしたが、今はスマートフォンやタブレットといったモバイルでも可能です。
手元にあるモバイルで買い物ができるのはとても便利で、寝る前にベッドの中で、通勤中の隙間時間にチェックすることができます。
実際に商品を見て選ぶのは楽しいものですが、それ以上に時間短縮を大切にしている人が多いです。
必要なものを求める時に店を何件もめぐるのは大変ですが、ネットショッピングは手軽に行えます。

ネットショッピングで買えないものがなくなりつつある現在、将来的には店舗に客が買い物に行くことがなくなるかもしれません。
企業側としても実店舗と並行してECサイトを作ることで、売上を伸ばすことができます。
IT技術は今も進化を続けていて、ホームページで写真を見て商品を購入するだけではなく、立体で見ることも夢ではありません。
そういった未来を考えると、実店舗だけではなくホームページを充実させることがとても大切になります。

IT技術の発展によって消費者の意識、行動が変化していき、企業としてもしっかりと対応しなければいけません。
売上を伸ばすために今はネットショッピングは欠かせないものであり、整備が必要となります。
ただ実店舗としても新たな試みをはじめて、これまでとは異なった業態に取り組むところが増えてきています。
どちらにしても消費者にとって使い勝手が良いシステムが作られるのは嬉しく、押し付けられるのではなく、自分で選んで使えることが大切です。

関連記事はこちら